• 顧客にDMを送る
  • DM作成
  • 経費を考える
Recommended link

見積もりの依頼をしよう

料金をチェックする

業者で依頼をすることができるサービスにおいて、圧着ハガキやDMにおいての印刷から作成までの料金は業者によって違いがあります。
料金が違うということは、それだけ経費がかかる割合が変わるということです。
お店側としては出来る限りコストを下げるということを考えて依頼をすることができるようになるので、費用対効果を高めることに繋がるでしょう。 続きを読む

セキュリティの観点

安全

顧客へ送る圧着ハガキやDMなどを外部のサービスで委託する際に気にされることは、顧客情報の取り扱い。
発送までを依頼するということは、顧客の住所や名前などのデータを業者に渡すことになります。
となると、どこに依頼をしてもいいというわけではなく、決められたところに依頼した方がいいと言えるでしょう。 続きを読む

自由自在にアレンジできる

自分で作る

効果的な宣伝広告を行うのは、圧着ハガキやDMの使い方がカギとなります。
ただ宣伝したい内容を羅列して送るということでは、相手に開封してもらって来店してもらうという目的を達することは難しいでしょう。
しかし、ちょっとした手間をかけて違いを就けることによって、顧客の気を引くことができるかもしれません。
それは、オリジナル感を出すことによって実現することができることなのです。 続きを読む